関節痛とスポーツの関連性は?

あらゆる運動やスポーツ活動中に身体をいためてしまうことを『スポーツ障害』と言います。
本記事では、『スポーツ障害』とあわせて、運動によって起こるケガについてご紹介いたします。

スポーツにおいて共通しているあらゆる基本動作は膝に激しい負担を強いています。

あらゆるスポーツに共通している基本動作の「ダッシュ」、「急停止」、「切り返し」、「ジャンプ」、「着地」などは、いずれも膝とそのまわりの筋肉に激しい負荷をかける動作です。
スポーツにおけるあらゆる動作は、膝に大きなひねりや衝撃を加える動作が多いです。
ですから、スポーツをやっている方は、普通の人以上に、日々とても大きな負担を膝にかけていると言えます。
すべてのスポーツが必ずしも膝に過度の負担をかけるとは限りませんが、膝の関節痛には人一倍注意することが大切です。

『スポーツ障害』とは身体を使い過ぎることが原因で起こるケガ全般のことです。

スポーツを行っている最中に十分な休息をとらず、継続して膝に負担をかけ続けていると、『スポーツ障害』が起こる恐れがあります。
運動し過ぎて特定の部位に過度な負担をかけることで発生するケガのことを『スポーツ障害』と言います。
具体的には、特定の部位にたくさん蓄積された疲労が原因で、その部位を支える筋肉などに炎症が起きて激しい関節痛が起こることです。
他にも、『スポーツ障害』が原因で、疲労骨折や剥離骨折などが起こることもあります。

『オーバーユース』とは辛く苦しい運動をやり続けることを指す言葉です。

yjtjyd
現在のスポーツ業界においては、科学的な理論にもとづいて、効率的で安全な練習方法が一般的になりつつあります。
しかし、ごく一部において、適切な指導者がいない場合や、個人的にスポーツを行っている方の中で、『オーバーユース』が原因で『スポーツ障害』につながる事故が存在します。
『オーバーユース』とは、日本語で「使い過ぎ」を意味する言葉で、長年スポーツ業界で問題視され続けているものです。

新しい細胞組織がつくられる前に運動を続けることで『スポーツ障害』につながります。

『オーバーユース』がなぜ『スポーツ障害』につながるかと申しますと、運動によって継続的に負荷をかけ続けると、新しい細胞組織がつくられる前に筋肉が損傷してしまうからです。
運動によって身体が強く、大きくなる理由は、運動によって身体の組織を意図的に損傷することで、より力強い細胞組織を新たにつくられることにあります。
細胞組織が壊れるスピードと、修復されるスピードは各個人によって異なるので、一人ひとり異なった対応が必要になります。

『オーバーユース』と『スポーツ障害』を避けるためには自分で自分の身体を冷静に見つめましょう。

『スポーツ障害』とその原因となる『オーバーユース』を避けるためには、自分の身体を客観的かつ冷静に観察することが必要不可欠です。
もちろん、そのためにプロのトレーナーや指導者の方に、自分の日々のスポーツ運動を見ていただくことも有効です。
しかし、自分の身体のことは、自分が一番よくわかります。
ですから、全身の痛みや疲労を毎日の運動前と運動後にしっかりと確認し、運動できる状況であることを確認してから、存分にスポーツを楽しむことをおすすめします。

スポーツを行っている最中に、無理して運動を続けることで起こるさまざまなケガのことを『スポーツ障害』と言います。
『スポーツ障害』を避けるためには、運動している自分自身が自分の身体を冷静に観察することが必要です。